« 2010夏旅日記 9 霧ヶ峰&甲州 | トップページ | 野菜の食卓 »

2010年10月25日 (月)

2010夏旅日記 10 清里から東京へ(了)

 2010年8月の旅の記録です


 旅の最後の朝ごはん。またビュッフェスタイルだけど、ここは結構いい。左端のはお肉じゃなくてフレンチトースト。これがまた美味い!

100831_2

 朝の牧場を散歩。ここは何をおいてもこれがいい。ジャージー牛さんも元気に朝ごはん。

100831_3s100831_9s100831_8s_2

 そういえば清泉寮の温泉のポンプは9/8に復旧したそうだ。もう露天風呂も楽しめるよ。

 チェックアウト後、野辺山のJAで農家の方が直接運び込むのを前日見ていた。お目当ての去年のようなズッキーニはなかったけど、何とも味の濃いトマトや立派なトウモロコシなどを購入。
 
 サンメドウズへ。冬はスキー場、夏はリフトで頂上へ登ることもできる。今回は行ってないけど、非常に気持ちがいい。あまりいないし穴場なのかな。

100831_12s100831_17s

 近辺は緑が豊か。池は鏡のように美しかった。にしても清里とは思えない陽射しの強さ。

 道の駅 南きよさとへ。ここでも野菜を買いまくり。何せ東京は今(全国的かな)野菜が高いし、何より新鮮で美味しい。でもいわゆる高原野菜の王様のレタスやキャベツがひとつもなかった。レジの女性に訊くと、今年は暑さのせいで不作なのでそもそも農家が作るのをやめているらしい。市場に出回る量が少ないのは残念だけど、農家も死活問題だから大変だ。
 代わりに探していたバターナッツ奈良の「粟」さんで食べたもの)を発見!しかもひとつだけ鎮座していた。思わず駆け寄って抱きしめる。どんな奴だよ。
 レジの方が無料でゴーヤを1本分けて下さった。これでビタミンたっぷり。ありがとうございました。

 道の駅を出るといよいよ帰路。標高の高い場所からずっと下って道の駅にらさきに寄って、奥多摩方面へ向かう。

 奥多摩に入る前に丹波山(たばやま)の道の駅へ。ここは以前から小さな温泉施設があるだけだったが最近大々的にリニューアルし、道の駅が出来たようだ。
 新しくて、みなさん一生懸命に働いておられる姿が印象的。

Tabayama

 奥多摩でランチと思ったが着くのが遅くなるので丹波山の道の駅でランチ。温泉施設は吊り橋で川を渡った向こうなので、道の駅内で。

 眺めのいい席で久し振りにナポリタンなんてものを。食後には巨峰のソフトクリーム。こりゃあ太っても仕方がないね・・・。

 奥多摩を抜けて沢井。ランチをしようと思っていた澤乃井の施設は定休日だった。良かったよ食べてきて。

 横田基地の横などを通りながら調布へ帰る。

 買い込んだ新鮮野菜の食事はおいおい掲載を。野菜も魚も新鮮なものに限る、人間はそうあるべきだと実感した。

 長旅だったけど、今年は特にとても充実していたように思う。あちこちで現地の方とお話しできたのも嬉しかった。
 もう来年のことを考えている。行けるように頑張らなきゃな。

|

« 2010夏旅日記 9 霧ヶ峰&甲州 | トップページ | 野菜の食卓 »

旅★日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010夏旅日記 9 霧ヶ峰&甲州 | トップページ | 野菜の食卓 »