« 2010夏旅日記 4 鳥取へ | トップページ | 2010夏旅日記 6 京都! »

2010年10月25日 (月)

2010夏旅日記 5 豊岡を経て京丹後

 2010年8月の旅の記録です


 昨日書くのを忘れたけどこぜにやさんでの夕食は≪特選会席 四季彩 素材厳選量(品数)少なめコース≫だった。だから品数も量もちょうどいい。2人とも小食だし食べきれないので、こういうプランがあるのは嬉しい。しかも素材厳選でっせ、おくさん!4度目の宿泊の時もこういうのんにしよ。

 で、これは観水庭こぜにやさんの朝ごはん。

100826_32

100826_33_2 やっぱり鳥取といえばらっきょう。らっきょうを買って帰りたかったんだけど、まだ旅が続くので暑くなる車内に置いておけないので諦めた。
 右のお皿の上には白いかの刺身、あごのちくわ、かれいの一夜干しも優しい味。
 関西以西は朝ごはんにかれいを出す宿が多いな。

 そういえばお部屋での夕食の際におかみが挨拶に来て下さった。色々泊まり歩いているが、「おかみが挨拶」は初めて。こぜにやさんは3回目の宿泊だったけど、今までお食事処で食べていたし。
 きれいで品のいいおかみだった。でも校長先生と話したみたいに緊張した(笑)。

 さて車で日本海沿いの国道178を走ると、浦富海岸に出る。ここは以前に観光船で回ったこともある。

100826_2s

 とにかくこちらの方の海はキレイ。雲ひとつない空の真夏の太陽に照らされた砂浜はゴールド。暑過ぎて長いことはいられなかったけど、昨日の白兎海岸に続きひととき海を満喫。好き鳥取・・・また来ます。

 やがて走ると明治に建造された余部鉄橋へ。ここも何度も通っている。といっても列車に乗ったわけじゃないんだけど。

100826_15

 先日報じられていたけど約100年前に作られた鉄橋も7月にお役御免となって、少しの運休期間を挟んで、早くも新しい橋を架けられて運行は再開したようだ。まだ工事は当然続いている。
 それにしても明治の技術でこれだけの高さの橋を作ったのは凄いこと。

 これまた通り道からすぐだったので、兵庫県豊岡にある「コウノトリの郷公園」へ。3度目かな。野鳥好きなんで。

100826_22s

100826_27_2 多摩動物公園もコウノトリの繁殖に力を入れているので多少は興味がある。前にここの園長さん?と少しお話した時にその話をしたら、もちろん多摩と交流があるので喜んで頂いた覚えがある。
 入園は無料だけど、こういう施設が成り立つのは大変なこと。入る時にたった100円だけど寄付をし、お土産も買って。少しでもお金は落としていかないとね。

 当日メールで更新したように、丹後半島の道の駅「てんきてんき丹後」で一休みし、宿へ向かう。この日の宿もクチコミで評価が高い。いつも通っていて目を付けていた宿でもあった海花亭花御前さん。

 外観も和の佇まいだが、中は廊下も階段も全部畳敷き。だからキャスター付きのバッグはお断りだそうだ。余計な物は一切置いていない・・・。
 お部屋で和菓子を振る舞われた。

100826_36

 露天風呂付きの部屋が数多いためか、大浴場や露天は結構空いている。また、隣りの「海花亭紫峰閣」の展望風呂や露天も入り放題。また目の前の「花ゆうみ」という立ち寄り温泉施設(やたら露天風呂がでかいらしい)にも入れる。

 ちょうど部屋の目の前に庭の滝があった。水の音というのはなぜか落ち着くもの。そこへ何羽ものヒヨドリが水浴びに来ていた。

100826_44s

 夕食はまた有名だったので期待した。ここは全てお部屋食みたい。

Hanagozen

 この日は自分の誕生日。恐ろしい年齢になった・・・(笑
 花御前さんでお誕生日の方にワインをプレゼントということだったので告げたら、この画像の一番上の左が。実はこのワインはここへ来る前にお店で買ったものと一緒だった。甘口で飲みやすいが、家族には甘過ぎのようだ。
 
 ワインの右は見ての通りお造り。スズキはぷりぷりだ。
 二段目左が胡麻豆腐。右は鮑の海草風味。柔らかい・・・。
 三段目左が鯛の黄金揚げ。さっくりふんわり。右は打って変わってモッツァレラチーズとトマトのコンフィ。
 下段は和牛サーロインステーキとデザート。デザートはスイカのジュースの中にバニラアイスが浮かんでる!
 もちろん他にご飯(丹後産こしひかり)、味噌汁、漬物あり。

 自分は結構美味かった。盛り付けや食器も良かったしバランスがいい。が家族は一番はデザートだとか。

****************************************
 
 いい意味でほったらかしにしてくれる宿だ。何もしないでゆったりと過ごすには本当に静かなので素晴らしい宿。だけどやっぱり相性というものがあって。隙がないというか、静か過ぎるというか。

 たとえば1階にも2階にもロビーがあるが、整然とし過ぎて居心地が良くない。少し違和感があった。
 ロビーには新聞も雑誌も置いていない。家族は普段ああいう場所でゆったり新聞や土地のガイド誌なんかを読むのだが、まったく寄りつかなかった。いや誰も座ってなんかいなかった。(たまたま?)

100826_37

 お隣の紫峰閣の展望風呂は眺めが良かったけど、花御前さんよりさらに整然とした感じ。清潔な宿がいいに決まってるんだけどね。

100826_40100826_42

 でも皆さんの評価は高いので、普通の人はきっと良いんだと思う。
 感想は家族も自分と同様だった。お子ちゃまがわーわーいたらそれはちょっときつい。飲んだくれのおっちゃんがうろついているよりはいい。
 ただ次があるかというと微妙。この辺でうまいものなら「まつつる」さんの方が自分はいいかな。ご主人もいい方だし。

 だから早寝。

|

« 2010夏旅日記 4 鳥取へ | トップページ | 2010夏旅日記 6 京都! »

旅★日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010夏旅日記 4 鳥取へ | トップページ | 2010夏旅日記 6 京都! »