« 2010夏旅日記 10 清里から東京へ(了) | トップページ | 信州ドライブ »

2010年10月25日 (月)

野菜の食卓

 先日の夏旅行の最後に仕入れてきた野菜たちを紹介。

 これは何度も出てきたバターナッツ(南瓜)。外はベージュみたいなやさしい色だけど、中身はオレンジ。

Ca390857

 中身は柔らかめ。種はあっさりとスプーンで取れた。

 まずはポタージュに。
 薄目に切ってタマネギと水とコンソメのキューブを入れてくたくたになるまで煮込む。その後ミキサーできれいになるまで攪拌。鍋に戻して牛乳と合わせて温めなおして出来上がり。コクがあるのでバターは不使用。かなりどろっとしているので牛乳で濃度を調整。

Ca390861

 温かいポタージュとしてこの夜は食べた。1個のバターナッツの半分でかなりの量が出来た。余ったものは冷蔵庫で冷たくして、翌朝の朝食に。堪能した!
 
 それでも1/2個余っているので、薄めのイチョウ切りにしてオリーブオイルで炒め、清里で買ったサラミを刻んで一緒にさらに炒め、軽く醤油を回しかけてかつお節をぱらぱらー。簡単な副菜にした。
 同じことを清里の黄色ズッキーニでも。サラミと一緒に炒めた。

Ca390864

 鮭は関係ないけど、お吸い物のオクラはすごい立派なものをこれも清里で購入したもの。ミョウガも大量に入って100円だったし、滋賀で買った乾燥湯葉も入ってる。味は絶対白だしで。
 小さなお猪口のような器には、唐招提寺の招提味噌。箸やすめに。

 清里の道の駅「南きよさと」でいただいたゴーヤをチャンプルに。

Ca390860

 一緒に入れたのは水切りした豆腐と、沖縄のわしたポーク(ランチョンミート)、それに玉子。
 家族がゴーヤに「やや反感」を持っているので、だしを利かせたスープで少し煮て、尚且つかつお節をたっぷり。ほとんど苦味は消えた。

Ca390866

 ミニトマトとズッキーニをパスタに。こちらにも清里のサラミ。サラミって生で食べるのが当たり前だったけど、こうして料理に入れると味が締まるし、味だしにもなる。


 買って来たばかりのトマトは味が濃くてびっくりした。きゅうりももぎたてでかじると口の中に水分がパッと広がる。
 こんな新鮮な野菜はなかなか手に入らない。我が家のある地域には農家の販売もあるけど、こんな美味い野菜は正直言ってない。

 東京では本来の人間らしい食生活よりも、お洒落な食文化ばかり独り歩きしてるんじゃないかな。 

|

« 2010夏旅日記 10 清里から東京へ(了) | トップページ | 信州ドライブ »

旅★日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010夏旅日記 10 清里から東京へ(了) | トップページ | 信州ドライブ »