« 2011夏旅日記 8 南砺市・大町市など | トップページ | 2011夏旅日記 最終日 山梨県北杜市など »

2011年8月22日 (月)

2011夏旅日記 9 安曇野市・富士見町など

 大町温泉の宿を出た。天候は雨が降ったりやんだり。大町を少し下って安曇野に向かう。少し涼しい。

Rimg1273

 カカシがマネキンでリアル。しかもライフルを構えている。動物より人間が見た方が怖いと思う。

Rimg1274

 あ、サルだ。

Rimg1276

 親子だったんだ。ゆっくり通ったけど、お母さん猿は、後から渡って来た子供猿を大急ぎで抱きしめていた。信州で会うのはニホンザル、ニホンカモシカが多いが、ニホンザルは少し久しぶりだった。

 安曇野は超有名なわさび農園、大王わさび農園へ行ってみた。NHKの朝のテレビ小説「おひさま」で井上真央ちゃん演じる陽子に因んだ地ということで、恐ろしいくらい人がいた。

Rimg1277Rimg1278Rimg1279

 なるべく人がいない方ばかりを歩く。施設内にカフェがあったのでコーヒーを。

Rimg1280

 景色はまあまあ。コーヒーはまずかったなぁ(笑)。わさび農園だけどほとんど観光地だな。
 みんなお土産処を見ていたけれど、我々は一路、山梨県の清里を目指す。

 諏訪あたりから鉢巻道路。原村、富士見町を通る。高原の別荘地だ。

 3年前に富士見町のカフェに入り気に入って、店の方と話したがその年に店を閉めるということでガッカリしていたことを書いた。その後その店のあったところを通り掛かっても店は何かあるようだったが開いていなかったので、毎回通り過ぎていた。
 今年、ひと休みしようかと話しながら見たら開いているようなので伺った。

Rimg1282
 
 それがここZermatt(ツェルマット)さん。
 開店少し前だったようだが快く入れて下さった。インポートものの趣味の良い雑貨が並べられていた。カフェと併設している。
 こだわりのあるメニューたち。若干飲み物の価格帯が高めだが、紅茶はおろか自分の頼んだコーヒーもポットで来て軽く3杯飲めた。逆にこの価格でいいの?と思うくらい。
 そしてブラックティーを頼んだ夫に味を訊くと「うまい」と一言。普段も相当美味くないと言わないひと言。自分のコーヒーもとても美味しい。さっきのわさび園で飲んだのは何だったのかと思う。

Rimg1283s

 経営なさってる方は少し年上の上品で美しい方。東京大田区から週末だけ来て営業しているとのこと。これまで平日に来たから開いてなかったのだと思う。
 ご自分の趣味で集めた商品を置き、質のいい食材を手に入れて出している感じだ。震災後生ハムの仕入れに困った話や美味しいチーズの話などしてくださった。

 向かいに人気店があるが「うちは大人の場所」と。そういうひと時って欲しい時がある。

 富士見町あたりに素泊まりにして、夕方はここでゆっくり過ごしたいとプランが頭に浮かぶ。
 また秋に来ますと言い残して帰ったけど、果たして週末に行けるかどうか。むしろ平日の方が好きだし・・・。

 清里を通り過ぎ野辺山を通り過ぎて、南牧村の狭い道をぐるぐる通って八ヶ岳高原ロッジへ。宿泊はだいぶ前にしただけだが食事やお茶をしに来る。ゆったりと落ち着く空間。
 今回は軽いランチ。クラブハウスサンドは量が多いので2人で分けて食べた。サラダバー付き。今までの経験上、他の料理はともかく(?)クラブハウスサンドは美味しいのでおススメ
 食事の画像はなし。まったりし過ぎて忘れた。旅の終盤になるといつも行くところだし、疲れもあるし写真が少ない。

Rimg1287

 緑の中の平和な時間。雨すごかったけどね。

 清里へ戻って清泉寮へ。

Rimg1290Rimg1288

 本当は清泉寮に宿泊したかったのだけど、旅行の日程が決まったのが遅くて部屋が取れなかった。それにそんなに人が多い時に行くのもあまり好きじゃない。
 有名なソフトクリームは天候があまり良くないにも関わらず長蛇の列。並ぶのが好きじゃないので翌日の朝一番に来ようということになり、疲れもあるため宿へ向かう。

 宿泊はハイランド・ネイチャークラブさん。久し振りのペンション。
 八ヶ岳高原ロッジと清里高原ホテルは夏の宿泊料金がちょっと高いし、清泉寮は空いてないしで、かなりの数ある清里のペンションの中から選んだ。

Rimg1303

 てきぱきとしたご主人、優しいふんわりした雰囲気の奥様。清潔な部屋、ふたつある貸切風呂もきれいで、それだけでもいいのだけど、夕食が素晴らしかった。

Natureclub

 スープでまずあれ?美味いけど?と思い、ヤリイカのお皿が出て倒れそうなくらい美味かった。トマトソースが絶妙なステーキが出て、パンやデザート。多くはないが何度も言うけど自分たちは本当に小食なので、美味しいお皿が少しあればいい。大満足。

 普通は朝食付きだけで泊まる方が多いようだが、ここの夕食はそこらへんのペンションに比べたら雲泥の差があった。
 そもそもペンションを最近やめたのは、食事が大して美味くもない洋食コースだから。
 ここは我々だけの食事だったし、泊まり客は中高年の山歩きのグループなどだけ。
 日曜日だったので、外で食事したら混雑していたと思う。お店はいくつもあるけどどうせROCKで食べる。ROCKは休みの日は混んでてね。

 夜のペンション内のリビング。沢山の本があって部屋で静かに過ごした。

Rimg1297Rimg1305s

 次回は最終回。もしも最後まで読んでくれた人がいたら本当にありがとうです。

|

« 2011夏旅日記 8 南砺市・大町市など | トップページ | 2011夏旅日記 最終日 山梨県北杜市など »

旅★日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011夏旅日記 8 南砺市・大町市など | トップページ | 2011夏旅日記 最終日 山梨県北杜市など »