« 来年の春の話 | トップページ | 2011冬旅★後編 清里 »

2011年12月27日 (火)

2011冬旅★前編 松本

寒い毎日だが寒い地方へ短い旅。行ったのは先々週末。天気は快晴。都内でも中央道から大きく富士山がのぞめる。

Rimg1282

中央道の諏訪ICで降りて一般道で松本へ向かう。画像は諏訪湖近辺から北アルプス方面、だったと思う。山がでかいでかい。

Rimg1289

諏訪湖からは下道で松本へ。少し高いところを走ると雪があるものの、天気は相変わらず快晴で市街地には雪はまったくない。大雪は北信の長野方面らしい。

着いたのが昼過ぎでおなかはぺこぺこ。松本城付近の蕎麦屋でなぜか天丼。なかなか美味。

Rimg1293

国宝松本城。凛とした、しかし優美な面構え。気品がある。

Rimg1297sRimg1302s

昔の日本人の美意識が好きだ。削ぎ落とした、無駄のない外観の裏には隠された工夫がたくさんある。山々を後ろに従えた力も感じられる。


松本は安曇野と並んで今年NHKの「おひさま」ブームで沸いたが、もともと東京の人間には親しみのある地域。行ったことがある人はきっと多いと思う。

Rimg1320Rimg1315Rimg1316Rimg1317

古くからのお店もある中、松本にも新しい動きがあるんだと知った。古家を利用して若い方が思い思いの店を開いている。

そんな街中で猫と知り合った。不敵な表情かと思いきや、にゃーんと甘えてきた。お腹が空いているようだ。

Rimg1326s

昔から続く古書店。ビルに囲まれても建物を維持しているのは、よくTVや雑誌でも取り上げられている。

Rimg1329

松本は基本的に京都などより古いものが残っている。そのせいか居心地がいい。

曹洞宗瑞松寺の境内にある喫茶店「半杓亭」。図書室もあり、静かにゆっくりと過ごせる空間だった。おしゃべりしてたけど。

Rimg1309

コースターが超かわゆす。エスプレッソのカップが大好きな蛸唐草。

宿へ。松本の中心からほど近い美ヶ原温泉のホテル翔峰。デカい。
係の人などスタッフが異様に若い。そして皆さん和服でメイク濃いめ(笑)。可愛いけどね。それよりきめ細やかな対応が印象的。

高台にあるため窓からは松本の街が一望。高い建物が多くないので気持ちがいい。

Rimg1335Rimg1336s

土曜日だったのでしばらくすると、広い駐車場も一杯になるほど。
大浴場はさぞや混むかと思いきや余裕。洗い場も浴槽も広々なせいだと思う。まあまあいい。

夕食はいい意味で普通。係の子が愛想良く楽しい会話もできた。
2段目右は豚の鍋。コラーゲンボール入り。これ以上美しくなってどうする?
下から2段目の右はりんごに入ったグラタン。信州では定番なのかな?正直言ってこれは野辺山荘と自分で作る方が美味かった。あと蕎麦も深大寺の蕎麦の方が好きかな。
栗ご飯はおなかが一杯で全部は食べられなかったが、さすがに美味しかった。

Houshou_d

ごちそうさまでした。

館内のエステルームでマッサージを受けた。肩こりが半端じゃない。気持ちのいい時間が過ごせるものと想像して気軽に行ったら、強烈なツボ押しのマッサージ。あちこちガタが来ているのでのたうち回る。

翌日の朝ご飯。

Rimg1365

バイキングでこれは上出来。たくさんの品揃えだった。ただしパンはどこで買ったのー?みたいな安っぽさが。それだけが残念。

松本に別れを告げて、寄り道しながら山梨県へ向かう。

|

« 来年の春の話 | トップページ | 2011冬旅★後編 清里 »

旅★日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来年の春の話 | トップページ | 2011冬旅★後編 清里 »