« 2011冬旅★後編 清里 | トップページ | KYOTO in spring 2012: the day 2 »

2012年4月13日 (金)

KYOTO in spring 2012: the day 1

 実は先週京都に行きましてね。ちょっと更新が遅くなり、季節が明らかに変わりました。先週は堅かった桜のつぼみも見事に開いて、自分好みの京都らしくなってると思います。


 3月下旬に京都を訪れると桜の開花が早い年もあったけど、早過ぎて桜に会えなかったことも多々。
 京都の桜には少しだけこだわりがあるので、1人で訪れる時は必ずこの時期にしている。今年は早くからスケジュールを確定したので変更がきかず、予想通り後者の「早過ぎ」の京都へ行った。

 今回は2泊3日。1日目と2目は友人と一緒。このブログを通じて知り合ったacomoonさんと
 9時過ぎに京都駅で待ち合わせてお互いにホテルに荷物を預けて(ホテルが違う)寺町のスマート珈琲へ。

Rimg15481

 ここで有名なホットケーキをいただく。思ったよりしっかりした生地。美味しかった。朝は3時過ぎに起きて4時過ぎに家を出た自分は、朝方の3時半頃に手作りしたサンドイッチをひときれ食べただけ。次のスケジュールもあるので、これはブランチといった感じ。

 おしゃべりが楽しくて。松井大輔選手の話もさることながら、彼女がサポーターをしているサンフレッチェ広島の話や、自分が実は今もっとも心を砕いているゲームの話にまで及んで盛り上がった。
 お互いに初めて会ったとは思えない・・・話は弾むけどスケジュールが押してきた。

 この日は修学院離宮の13時半からの見学が当選したので、河原町三条からバスで修学院離宮道まで移動。バスの時間はアテにならないので早めに動いた。

  バス停から徒歩で修学院離宮へ。春風が強まっているとは思ったけど、雨も混ざって先日の全国的な嵐とは違うけど、ちょっとした春の嵐になってしまった。が、2人とも傘はホテルに残したまま。親切なご夫婦に傘を借りてしのいだ。
 見学が始まって歩きだしたら天気は好転。広大な敷地を超きっちりした案内の方について歩いた。たくさん案内していただき、写真も撮り放題。撮れないのかと思ってた。

Rimg1550

 一番のハイライトは中離宮にある違い棚。天下三大名棚のうちのひとつで霞棚(かすみだな)という。が、あとで見たらカメラのモードがマクロになっており、全部ボケボケ・・・なのでこういう場所だったことをこちらの修学院離宮の紹介ページでご確認くださいみたいな。モダンで格式ある上品なお部屋(最大級の褒めことば)。

Rimg1553Rimg1569

 広い敷地内には棚田、畑、池、橋、滝・・・そして枯山水の庭園もあるし上皇様のお休み処。背後の山などの敷地内にはたくさんの種類の木が植えられているので、四季折々美しいはず。特に秋は美しいんだろうな。今も桜が美しいのかもしれない。

Rimg1573

 上の画像の手摺りは網干を表しているそうだ。他もそうなのだけど聞かなければ分からない、が、聞くとその簡略化した意匠にちょっと感動。

Rimg1575sRimg1576sRimg1577Rimg1588Rimg1591sRimg1595sRimg1559

 自然を生かし、考えられることすべてを盛り込んだよう。池も滝も美しく計算して作られてるんだろうな。静かで落ち着いた空間は、都の雅とはまた違った贅沢でゆったりした時間を過ごせるんだろう。できることなら日がな一日、鳥のさえずりを聞きながら本の1冊でも持参してどこかでひっくり返って読んだりしていたい。と、庶民は思う・・・表現力足らずでお恥ずかしい。

 修学院からほど近い一乗寺下がり松の詩仙堂へ。

Rimg1614s

 いつも平日に伺うと混雑していることはなかったのだけど、この日は結構混んでいた。いつも座ってぼけーっとできるんだけどな。画像はあまり上手に撮れなくてパスです。

 夕食前に、旅先からアナログ夫のために、家の仕事の件でネットカフェで図面を印刷してコンビニでFAXしたりと、acomoonさんにとっても迷惑をお掛けした。

 庶民的に京極スタンドの類のような場所で食べたかったのだけど、先の件で出足が遅れたせいかどこも会社帰りの方などで一杯だった。
 ぶらぶらしながら探したが、特に決めていなかったが2人とも「洋食気分」で先斗町の古くからやっている洋食店へ。

Rimg16171

 味はしっかりしている・・・というか濃過ぎる。しかも量が少なっ!笑 アラカルトなのであれこれ頼むべきなのだけど、あれこれ頼めるという金額ではないんだよね・・・。
 手の込んだ料理であることはとても分かるけど、「美味い」と書くほどのものじゃなかった。
 昔なら一見さんお断りの店がずらっと並んでた先斗町で、無理難題の安いものを探したわけじゃないんだ。が、これなら他に庶民的な価格でうまい店は絶対にたくさんあるよ。
 とにかくこの店は今後行くことはないと思う。

 その後――
 ホテルに着いておなかが空いても困るので、河原町の六曜社へドーナツを食べに笑。この日は1階の店舗。地下には夜だけ営業してる店舗もある。
 ところがこの日は水曜。ドーナツ作らない日!忘れてました・・・。
 で、ロールケーキを食べたら、これが美味くて。クリームの中のグラニュー糖かな?しゃりっとして。生地もうまいし大きいし。ドーナツは明日食べよう。

Rimg1623

 3日間の短期滞在中、3回も行ったけど飲み物はいつもミルクコーヒー。あーまた食べたい。地元の方が買い物帰りに気軽に寄るような、古くて暖かいとても好きな喫茶店。こじゃれたカフェより、こういう喫茶店が大好き。

 the day 2へ続きます。近いうちに書けると思う・・・。

|

« 2011冬旅★後編 清里 | トップページ | KYOTO in spring 2012: the day 2 »

旅★日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2011冬旅★後編 清里 | トップページ | KYOTO in spring 2012: the day 2 »