« 春の京 2014 ① | トップページ | 2014夏の長旅 ① »

2014年5月 2日 (金)

春の京 2014 ②③

二日目の朝は前日買ってきたもので済ませて、一路奈良へ。
前日会った友人と、もう一人の友人と三人でお喋りし、その後別の奈良の友人とも会い、一日オタク談義に花が咲いた。

観光もできなかったし、それどころじゃなかったので画像もない。

夕食は少しだけで良かったので、京都に戻ってから六曜社で濃い目のコーヒーとパウンドケーキを。これがまた‥‥絶品。ここは前にも載せたけどドーナツが有名。でもロールケーキもパウンドケーキも素晴らしい!この日のパウンドケーキは生のオレンジがジューシーだった。焼き菓子とは思えない。

で、また前日と同じマッサージ師に来てもらって疲れを癒す。せっかくの旅なのに、実は身体がガタガタだったというわけ。


***********************************
明けてもう最終日。

荷物は駅へ送ってもらうよう手配し、ホテルのフロントでバスの一日乗車券を買う。
この日はあちこち行こうと決めていた。

イノダコーヒで朝食。ここは8時ともなると観光客で列をなすので7時半過ぎに入った。

Rimg2983

美味しい朝ご飯は高級ホテル並み。それでこの価格は許せる。
これ、有名ホテルだと2000円以上取られそうだ。
臨時収入もあって財布のひもが緩んでたので、オリジナルのコーヒーやお店で使用されてるカップ&ソーサーなどを買って配送を頼んだ。ぽってりとした厚みがありコーヒーが更に美味しくなる可愛いカップ。

バス通りに出て大宮方面へ。

Rimg2984

前川邸。今は一般公開してないので外からちらりと。
自分の知る限りだと、芹沢鴨に目を付けられて強引に奪われ(家人は引越した)古高俊太郎を拷問した部屋や、山南さんらが切腹した部屋もあるとか‥‥

で、新選組の最初の屯所、八木家。ここは観光客相手にオープンな感じでw

Rimg29851

内部の写真は取れなかったけど、芹沢鴨を「粛清」した時の刀傷があった。
命からがら逃げた平間さんはその後どうしたんだろう。薄桜鬼では芹沢鴨に召使のように仕えていた人のいい人物として描かれていたけど‥‥。

Rimg2986

そして出ると、隣接のお店で屯所餅とお抹茶のおもてなし。これ込みで八木家は千円也。

そして壬生寺へ。

Rimg29881

屯所は各地転々としたけど、やっぱり新選組の屯所と言って思い出すのはこの壬生寺。
境内が広々していたのが印象的。
ここで隊士たちは何をしてたんだろうと思いを馳せる。

この後、どこへ行こうかと実は結構迷っていたんだけど、前夜バスの路線図とにらめっこした結果、バス一本で行ける仁和寺へ行くことにした。

Rimg29931Rimg29941

ほら、ハートだね。(絶対違いますけどね)

仁和寺はへは数年前に夏の旅でお邪魔し、宿坊にも泊まった。
低木で有名な御室桜の数本の枝に、まだ桜が‥‥

Rimg29961Rimg30021

限定公開中だった霊宝館へも足を運んだ。入った瞬間に目にした仏像が某ゲームの春日局に見えて苦笑したら、順路通り回って最後に見たのが家光という‥‥摩訶不思議。

Rimg30061

仁和寺を出るとそろそろお腹もすいてきたので、三条通あたりまでバスで戻る。
お土産を買いつつ、先斗町でオムライスのランチ(画像なし)。

Rimg3011

で、これは1984竣工のTIME'Sビル
心なしか来るたびに活気がなくなってる気がする。もちろん設計は安藤忠雄氏。
安藤氏の建築物が大好きだった自分は、出来上がったばかりの頃に一人で来て写真を撮りまくった記憶が。
あまり冴えないけど、高瀬川と一体となってる外観はいいんだけどね。


今回の旅は友人に会うのがメインになった。
見て回る時間がちょっと足りなかった。でも、また7月には一泊だけどお邪魔します。

|

« 春の京 2014 ① | トップページ | 2014夏の長旅 ① »

旅★日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の京 2014 ① | トップページ | 2014夏の長旅 ① »