« 夏の旅 2015 ⑤ | トップページ | 夏の旅 2015 ⑦ »

2015年10月22日 (木)

夏の旅 2015 ⑥

温泉津の朝。

Rimg0467


海も空もきれい。

Rimg0478Rimg0484Rimg0490


途中の海岸で。アイドルみたいに可愛い二十歳前後の女の子たちが5、6人いて、ずいぶん可愛い子たちだなあと思ったら、シャッターを押すのを頼まれた。
可愛く撮れるよう頑張ったのは言うまでもない(オヤジみたいw)
出雲大社。

Rimg0492Rimg0495Rimg0502


大遷宮、宮司の家系のご長男と高円宮家典子様の婚姻… 以前は平日なら参拝する方もまばらだったが、人気スポットへと変貌中。
大社近くで暑いのにおしるこを食べる夫。私は抹茶オレ。

Rimg0509Dsc_0550

しまねっこ。よろしくにゃ。
松江城。別名、千鳥城。

Rimg0514Rimg0511Rimg0516

堀尾吉晴の築城。その後、堀尾氏が途絶え、京極氏に継がれたものの病死の為、徳川家康の孫の松平直政が治める。
七代藩主の治郷が、茶道に通じ、城下町が発展。「不昧公」と呼ばれ、今も一番親しまれているお殿様。
築城時には石垣が何度も崩れてしまい、人柱をとの声が高まり、美しい少女がさらわれてそのまま人柱として埋められているという。そんな歴史もあるけど、まさに今年ようやく国宝と認定された。

Rimg0521


いつもの八雲庵別館の抹茶ゼリー。ゼリーと言ってもムース状でふわふわ。
練乳、アイス、餡、白玉とのハーモニーがたまらなくて、毎年お店が休業の時以外は必ず立ち寄る。
宿は、玉造温泉の「佳翠苑 皆美」。ここ以外にも色々あるが、もうここなら安心なので定宿にして何年経ったことか。

Rimg0529Rimg0541Rimg0537Rimg0534Rimg0543


建物の中庭には足湯。
早い時間に着くとどこも独り占めに近い。

20150802d


ご飯。今年は少し違ったな。ここのお食事は安心して食べられる美味しさ。

そして夏のお楽しみは玉造温泉の「たまステージ」。
正直言って、アマチュアの方もいるし…なんですが、一度たまたま見た伊藤実千代withタマフレンズというジャズシンガーのバンドを見てから、伊藤さんの歌声を聞きたくて(バンドもとても上手い)伊藤さんはいつだろう、という気持ちで玉造温泉に行っている。
でもなかなかお会いできず。
この日も別の方。いつかまた聞きたいなあ。

|

« 夏の旅 2015 ⑤ | トップページ | 夏の旅 2015 ⑦ »

旅★日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の旅 2015 ⑤ | トップページ | 夏の旅 2015 ⑦ »