« 2015年7月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月28日 (水)

夏の旅 2015 ⑩

湯元舘の朝ご飯。多過ぎる。美味しいけど…これはどうかなあ。

20150806m

大移動の日。まずは琵琶湖大橋を渡って――

Rimg0927

近江八幡のClub HARIE、クラブハリエ 日牟禮館へ。
いつも並んでいるが、まだ午前中のせいか空いているカフェを訪ねた。
朝ご飯を無理に食べなくて良かった。スコーンと、何故かアイスコーヒー。コーヒー飲みたかったんだ。

Rimg0937Rimg0938

中庭の木々、草花が心を癒す空間――
やがて観光客の賑やかなおばちゃんたちが来たので退散。
この辺りには、時代劇などで撮影によく使われる貴重な八幡堀がある。


Rimg0945Rimg0950sRimg0951sRimg0963s

最近では、NHK朝ドラ「あさが来た」で、姉が舟で嫁ぐシーンも、大阪の賑わう川辺も、みんなここで撮影されている。


Rimg0964

周りの町並みを本当によく保存している。ここだけではなく、周囲には現代に続く近江商人の象徴のようなこんな会社もある。
彦根に移動する。


Rimg0976Rimg0977Rimg0980
宗安寺石田三成ゆかりの寺。


Rimg0968Rimg0970


元禄時代の彦根大火でこの赤門以外は焼けてしまったので再建。
門に敷居の段差がないのは、馬に乗ったまま駆け込めるようにしたとか。

千躰仏に私も手を合わせた。

今回の旅では、明智光秀と石田三成、二人の大好きな武将に所縁の寺に行くことが出来て本当に良かった。


Rimg0984

受付のおばあちゃんが、帰りにお菓子をくださった。こんなことは初めて……ごちそうさまでした。

中央道で岐阜を経て、いよいよ長野県へ向かう。
途中のサービスエリアで買ったプリンは容器がマヨネーズ仕様。
伊吹牛乳のパッケージデザインは伊吹山でしょうね。

Dsc_0561

馬篭宿をしばし散策。人がいない…閑散としていた。


Rimg0987Rimg0989Rimg1000

良く見えないと思うが、遠くに御嶽山が。
そして南木曽の宿泊は、ホテル木曽路
広大な敷地に色々なスポーツを楽しむ施設があるようだ。
眺めは良好。


Rimg1005

夕食。


20150806d

ここの思い出は何と言っても、マッサージ!

中国人と思しき女性が一人で行っていたが、混雑していてなかなか予約が取れず、夫が先に施術してもらい、その後キャンセルが入ってやってもらえた。
これが…また上手い。
今後ここへ行くことがあったら必ず頼みたいので、評判が良過ぎるとまた混雑してしまうので、本当はあまり言いたくない。
ただ、今後も彼女がやっていれば、の話。

どこが疲れているか訊かれたが絞り切れず困っていると、じゃあ全部やってあげる、と。そして長旅の移動で疲れ切った脚の揉み方が絶妙だった。
あちこちでやってもらうが、彼女はこれまでのマッサージ師の中で圧倒的に一番だった。
こんな思い出ですみません。

| | コメント (0)

夏の旅 2015 ⑨

京都・花園会館の朝ご飯。


Rimg0830


朝から妙心寺内を散策。
ここは広大な敷地で塔頭が多くて、とても短時間じゃ全部なんて見られないけど、ガイドさんが付くというので、少人数で明智光秀の弔いの為に作らせた湯殿や春日局が贈ったという梵鐘なども見て回った。


Rimg0831Rimg0833Rimg0838


退蔵院
で修学旅行生の引率先生に「よろしければご一緒に説明を聞きませんか」と誘われ、『瓢鮎図』のレプリカの説明を聞く。鮎はアユではなくナマズのこと。


Rimg0842Rimg0849Rimg0845Rimg0848

緑の中の茶室にて冷たい抹茶と干菓子を。
先程の修学旅行生たちもお座敷に。恐らく有名進学校の生徒さんなのか、皆さん私語もなくお行儀がいい…


Rimg0855Rimg0857Rimg0861Rimg0862

庭園を散策中に、プロのカメラマンと思しきドイツ人男性から声をかけられる。
夫の旧き良きニコンFに目を留めたからだった。すごく楽しそうにカメラを見ていた。
この旅行中、何度か外国人と会話することがあったな。
そして昨日休みだった二条城へ。真夏なのに混んでるのはなんだ?


Rimg0865Rimg0867Rimg0883

外国人と日本人の数が同じくらいの比率だったのも、歴史的に重要な建造物だということを思い知る。
そして、ここが一番暑かった…サマーバケーションを日本で過ごすのはやめた方がいいと思ったかもしれない。


Rimg0873
石垣と石畳を見るのが好き。巨石の運搬方法も気になるが、この絶妙な積み方!
ランチは少しだけ時間を遅らせて、イノダコーヒで。


Rimg0886

うちではここのブレンドを飲むことが多いし、カップも使ってるけど、来たことがない夫をやっと連れてくることが出来た…

祇園に移動。

Rimg0892Rimg0895Rimg0897


四条側にあるに鍵善良房のモダンなカフェ、ZEN CAFEへ。
特製くずもちと飲み物のセット。とろけます…! そして内装がモダン、メニューもコーヒーなど和菓子の枠を超えてる。お一人様でもゆっくりできると思う。

こっちが鍵善良房本店。くずきりが有名だそうで(未経験)。


Rimg0900


東寺
に寄ってから滋賀県大津へ移動。
いつもの湯元舘の夕食。そろそろ基本メニューに飽きてきたら今回はメニューが少し変更。
でも豚しゃぶとステーキ(少しだけど)のダブル肉メニューは私たちには少し重たい。
あと、デザートももう少し工夫して欲しいなと。

でも、食後のビンゴ大会で大好きなロータスのビスケットが当たってちょっと嬉しかった。ちょっとね。

20150805d

| | コメント (0)

2015年10月26日 (月)

夏の旅 2015 ⑧

朝の天橋立近辺を散歩。猫ちゃん、おはようさん。

Rimg0697Rimg0702Rimg0705sRimg0724Rimg0734Rimg0727Rimg0717


そして離れる前に智恩寺へお参り。ここで飼われている猫ちゃんも。
もうね、いつもこんな感じ。去年もこうだった。元気でいてください。
ここで去年買いそびれた赤ちゃんの付いたお守りを買う。家で留守番の人形用に。


京都市内へ――
夫が二条城へ行きたいと言うことで向かったがこの日は見学休みの日。
平安神宮へ向かった。
見ての通り、まさにかんかん照りで暑かった。外国人が多かった!

Rimg0738Rimg0754 Rimg0742Rimg0748Rimg0760Rimg0761

正直暑さで城内の見どころはぼんやりしてしまった…庭園は見応えがあり、むしろ緑の中で涼を取れた。

Rimg0764

ランチに冷たいうどんとおいなりさん。

Rimg0765


壬生寺
を経て八木邸でまたお話を聞き、屯所餅を頂く。
宿泊は妙心寺の宿泊施設、花園会館。ここの部屋がシティホテル並みに整っていて、団体さんの後だけど大浴場もまあまあ。
夜の門限も遅く、安心して出かけられる。
で、嵐山へ鵜飼に出掛けた。


Dsc_0553
Rimg0769Dsc_0556


一度買ってみたかった舟の売店でみたらし団子を。
川の上は見事に涼しい。時間によって流れが違うらしいが、舟を川の途中で止め、しばし涼と鵜飼を眺める。


Rimg0777Rimg0795

同船したのは外国人のご家族と思しき方やカップルと少しの日本人。楽しんで頂けたでしょうか!


Rimg0828

嵐山は店じまいの時間が早いので食事にありつけず、花園会館近くの王将で。
何かホッとするのは何故。

| | コメント (0)

夏の旅 2015 ⑦

Dsc_0552

7日目の朝ご飯。珍しいのはピーナッツバターがあったことかな。
蜆の味噌汁は名物なのでいただいた。
松江市街を経て中海の大根島へ。まったくいつものコース。

Rimg0579Rimg0588sRimg0596Rimg0611Rimg0615Rimg0617Rimg0620
由志園で一息。大根島は牡丹と朝鮮人参が特産。
ここ由志園は牡丹と、よく手入れされた日本庭園が売り。
施設の中でかき氷。

Rimg0627
CMで一躍有名になった「ベタ踏み坂」。言っておくけど、ベタ踏みしなくても走れるので。
でも、相当高いので上からの眺めは最高。

Rimg0634Rimg0639
米子空港は今や「米子鬼太郎空港」。
白兎海岸などを経て山陰地方をひた走り、近畿タンゴ鉄道を見つつ、天橋立へ。

Rimg0665
Rimg0657sRimg0664s
文殊堂が有名な智恩寺にて。猫ちゃん、こんにちは。
以下、宿名を伏せる。あまりにも酷かったから。
でもどうしても吐き出しておきたい愚痴なので、参考にする必要がない人はスルーをお勧め。
宿は近年新装なった老舗で、傍から見てこれは泊まってみたいと思い予約した。
高いお部屋は問題ないだろうが、奥の旧館は何とも言えない臭いが酷い。あまりの臭いに窓を開け放つ。

Rimg0640Rimg0648
食堂は天井の高い新しいレストランで。石窯もあってどんなモダンなものが…と思いきや、普通以下の会席。写真は撮ったが載せたくない。
今回は食事の際のワンドリンク付きプランだったが、それを忘れていた。宿の人も忘れていた…。

そして、問題は給仕をする若い女性ばかりの仲居さんたち。
忙しいのは分かるが、呑んだグラスを夫が横に置いていたら、何も言わずに歩きながらひったくるようにして持っていく。あいた器を下げる時も二回に一回は無言。
どうやらもてなしているという気持ちは欠片もないようだ。
向こうにすれば毎日忙しく「こなしている」のだろうが、こちら客は楽しみにしている人間であることを忘れている様子…悲しかった。

せめて、画像は美しいものを。ハード面は臭い以外はまあいいので。

Rimg0677Rimg0689
食後プランのことを思い出し、フロントにいた男性にそのことを伝えると、夫のみが飲んだ1杯のビールでその代わりとするような話だった。
が、翌朝の朝食後に若い仲居の中でも一番偉そうにしていた子がテーブルに来て、昨夜の食事の際にプランのドリンクを付けなかったので、今頼んでくれと言ってメニューを持って来た。
今?である。しかも謝ってないし笑

私が同じ立場で忘れてしまっていたなら、ドリンク分は差し引くか、それができないなら、と謝罪しつつ既に飲んだ1杯のビールの差額を支払っていただけるか訊くだろう。
そんな案は思いつかなかったようで、さあ頼めとばかりにメニューを手に待っているので渋々ドリンクを1つ頼む。朝食後のコーヒーを飲んだ後で、飲みたくもない時に、だ。
とても後味の悪い宿泊となった。そのような宿だから勿論帰りに見送りなどない。
良い旅館は帰りに必ず見送りしてくれるもの。老舗の名が泣く。この宿どころか、天橋立自体に嫌な思い出が残ってしまう…一事が万事…って言葉が頭を過ぎった。

夫は短気な人だが鈍感なので給仕については気付かなかったそうだ。だが部屋はげんなりしていたし、朝の「無理矢理ドリンク」は呆れていた。

Rimg0686

いつかまた来る時は、どうか素敵な宿に泊まれますように…。

| | コメント (0)

2015年10月22日 (木)

夏の旅 2015 ⑥

温泉津の朝。

Rimg0467


海も空もきれい。

Rimg0478Rimg0484Rimg0490


途中の海岸で。アイドルみたいに可愛い二十歳前後の女の子たちが5、6人いて、ずいぶん可愛い子たちだなあと思ったら、シャッターを押すのを頼まれた。
可愛く撮れるよう頑張ったのは言うまでもない(オヤジみたいw)
出雲大社。

Rimg0492Rimg0495Rimg0502


大遷宮、宮司の家系のご長男と高円宮家典子様の婚姻… 以前は平日なら参拝する方もまばらだったが、人気スポットへと変貌中。
大社近くで暑いのにおしるこを食べる夫。私は抹茶オレ。

Rimg0509Dsc_0550

しまねっこ。よろしくにゃ。
松江城。別名、千鳥城。

Rimg0514Rimg0511Rimg0516

堀尾吉晴の築城。その後、堀尾氏が途絶え、京極氏に継がれたものの病死の為、徳川家康の孫の松平直政が治める。
七代藩主の治郷が、茶道に通じ、城下町が発展。「不昧公」と呼ばれ、今も一番親しまれているお殿様。
築城時には石垣が何度も崩れてしまい、人柱をとの声が高まり、美しい少女がさらわれてそのまま人柱として埋められているという。そんな歴史もあるけど、まさに今年ようやく国宝と認定された。

Rimg0521


いつもの八雲庵別館の抹茶ゼリー。ゼリーと言ってもムース状でふわふわ。
練乳、アイス、餡、白玉とのハーモニーがたまらなくて、毎年お店が休業の時以外は必ず立ち寄る。
宿は、玉造温泉の「佳翠苑 皆美」。ここ以外にも色々あるが、もうここなら安心なので定宿にして何年経ったことか。

Rimg0529Rimg0541Rimg0537Rimg0534Rimg0543


建物の中庭には足湯。
早い時間に着くとどこも独り占めに近い。

20150802d


ご飯。今年は少し違ったな。ここのお食事は安心して食べられる美味しさ。

そして夏のお楽しみは玉造温泉の「たまステージ」。
正直言って、アマチュアの方もいるし…なんですが、一度たまたま見た伊藤実千代withタマフレンズというジャズシンガーのバンドを見てから、伊藤さんの歌声を聞きたくて(バンドもとても上手い)伊藤さんはいつだろう、という気持ちで玉造温泉に行っている。
でもなかなかお会いできず。
この日も別の方。いつかまた聞きたいなあ。

| | コメント (0)

夏の旅 2015 ⑤

5日目の朝食。全部美味かったけど、とりわけご飯が美味かった。

20150801m_3Rimg0418_2 Rimg0425_2

緑の中のかやうさぎ。わんちゃん、またね。

Rimg0432_2Rimg0433_2Rimg0438_2Rimg0445Rimg0452_2Rimg0455_2

日田の豆田町の町並みを見学。古き良き町並みは、江戸時代に幕府直轄の天領地として城が置かれ、九州の各藩に貸し付けた莫大な金利で潤っていたそうな(豆田町商店街HPより)。
町家のカフェで一息。

どこにいても外国人観光客が増えた。ここも例外じゃなかった。
かやうさぎでも使われていた小鹿田焼の飯茶碗を買った。 素朴で味わい深い。

九州を出て山口県を経て、島根県へ向かう。

Rimg0466_3

関門海峡を経てあちこち立ち寄りながらで、温泉津温泉に着いたのは夕暮れ時。

Dsc_0535_2Dsc_0541_2Dsc_0542_2

猫ちゃん、こんばんは。

宿は「旅の宿 輝雲荘」。
今年の旅は結構差し迫ってからの計画だったせいか、目当ての宿で夕食が付いているプランがなかった。
温泉津で夕食を食べられる場所はひとつ。そこも開いているかどうか怪しかったので、夕食は途中のコンビニで調達。
買って行って正解。店は開いていなかった。
買って行った果物を剥いて食べたり。旅館の豪勢な食事が多いから、こういうのもアリ。

部屋は別棟の町家一棟貸し。風呂はそこにもあったが本館の大浴場を利用。

静かな温泉地で静かに過ごす。

| | コメント (0)

夏の旅 2015 ④

別府の朝ご飯。
Rimg0281
お腹を満たして向かったのは、去年も行った杵築。

Rimg0295
杵築城へ。目の前は、守江湾にそそぐ八坂川。えらく眺めのいい台地に建っている。
城へのアプローチも緑豊かな城山公園。

Rimg0294Rimg0288Rimg0286Rimg0309

天守から見える景色も爽やか。
城下町も、武家屋敷のある場所も町を挙げて保存して行こうとしていることが窺える。
以前行った南砺もそうだったが、こういうのは絶対応援したい。
余談だけど、杵築城内の展示で幕末時の諸藩の石高を城の名で現したものがあった。
一位はダントツで加賀藩。最下位は五稜郭~って見て涙出そうになってた。
宇佐神宮へ。

Rimg0326Rimg0327Rimg0334Rimg0336Rimg0339
広い境内は緑が多い。ここは全国の八幡神社の本宮なんだそうだ。
歴史を感じる大きな神輿もあった。

Rimg0319sRimg0320s
そんな境内で痩せっぽちの野良猫に会った。お腹を空かして甘えてくる。
見かねた夫がアイスクリームを買ってくると、「それ、私のでしょ?私のだよね」とでもいうように見上げていた。
他の観光客もそれを見守ってくれていたけど、今も元気かな。
運よく寺社にいるから大丈夫かな。きっと生き物には優しくして下さる。

Rimg0345
土産物屋の中の食堂で大分の郷土料理『やせうま』を初めて食べた。
素朴な食べ物だけど美味しかったなぁ。

Rimg0350
青の洞門。見学はしていないけど…
宿は『旅籠かやうさぎ』。古民家を改装している。レトロで、調度品も面白い。

Rimg0363
宿のあちこちに「うさぎ」を配していた。

Rimg0359Rimg0352Rimg0353Rimg0354Rimg03551Rimg03571
風呂がまた何ともいい空間。

20150731
そして夕食はここも美味かった。

| | コメント (0)

2015年10月21日 (水)

夏の旅 2015 ③

愛媛県八幡浜のフェリー乗り場から10時過ぎに出港するフェリーで九州に向かう為、途中の道の駅で朝ご飯。

Rimg0191Rimg0193

さあ、フェリーで九州へGO★
とはいえ、結構長い…仮眠取ったり、甲板に出たり、ガイド誌読んだり、スマホ弄ったり…

別府港に昼過ぎに着き、すぐさま『地獄めぐり』に突入。
暑い時期に行くもんじゃないなと実感。面白かっかたがアプローチの施設内が昔の観光地丸出しで、リピートはしたくない。

Rimg0203Rimg0211Rimg0208

何地獄か忘れたが、その近くの観光客相手の食事処でランチ。
マズい。量が尋常じゃない。おにぎりがデカ過ぎ!うどんとおにぎりってなになに。そしてうどんがぶよぶよ…これほどまでとは…ほとんど残す。
とり天だけは揚げたてで美味かったのでとり天だけ完食。とり天だけにすればよかった。

一方ホテルは、別府温泉の『ホテルうみね』。各室に半露天の風呂があり、リビング、ベッドルーム、アメニティすべて良かった。眺めも良し!

Rimg0243Rimg0241
Rimg0223Rimg0225Rimg0219Rimg0229Rimg0237 Rimg0226Rimg0238_2Rimg0239

最上階の露天はあまり大きくはないけど、人も少なく、気持ちがいい。洗い場はなくシャワーブースだけと言うのも悪くない。

Rimg0247Rimg0259

ご飯は軽めのプランで良かった。定食形式で出てきたが、ひとつひとつ美味い。
特に刺身。さすが大分!

Rimg0256Rimg0263Rimg0264Rimg0273

陽が長い九州。食後に別府駅方面へ散歩。猫ちゃんこんにちは。

Rimg0276sRimg0278

別府駅構内のマッサージ店で、どうにもカチコチに凝って浮腫んだ脚を揉んでもらった。

| | コメント (0)

夏の旅 2015 ②

二日目の朝。ホテルフジタの朝食は可もなく不可もないけど、レストランはゆっくりできる。

Rimg0072

今年の奈良ではあちこち見られなかったけど、東大寺で大仏さんにはご挨拶。

Rimg0098Rimg0091s

この子は、まっすぐこちらにやって来て、こうして止まってポージングしたのでシャッターを押した。キリッとした目元が印象的。
何か言いたいことでもあったのか…?

東大寺から奈良公園を挟んで若草山側では、鹿ちゃんたちが朝疾走していたり、のんびりと過ごしたり。

Rimg0079Rimg0073

鹿ちゃん、おはようさん

大阪を経て、明石海峡大橋を経て淡路SAへ。ここはいつも好天に恵まれる。つまりこの日も酷暑!
レストランも数店舗、土産物売り場も広く、外側にはスタバも。

Rimg0102Rimg0108

徳島のSAで、好きな伯方の塩 純生大福を。ひんやり冷やされ、私を待っていたんだね。

Dsc_0526

これ、ここで2回目だけど本当に美味しい。

松山自動車道を経て、松山へ。
宿は、松山・道後温泉のオールドイングランド道後山の手ホテル。前回泊まったところの近くで、目を付けていた英国調のホテル。

Rimg0111Rimg0115

去年伺った時にホテルの方は謙遜して言ってたけど、大浴場も十分な広さ。
しかもバラの半露天もあって、綺麗だし、人もいなくて。

夕食をかねて散歩へ。

Rimg0122

これはホテル横。とても綺麗。

かの有名な道後温泉本館の外観。地元の人曰く、人でごった返してるから芋洗いになる、とのことで、まだ一度も入ったことはない。

Rimg0124Rimg0136Rimg0141

道後温泉駅。

Rimg0143

松山のゆるキャラ『みきゃん』。可愛いやつめ。

夕食は、道後の商店街にあり古い町家を改装したハンバーガー専門店『道後の町家』。ここが秀逸!
雰囲気良く居心地良し。美味い。

Rimg0150Rimg0151Rimg0149

自分は定番の『湯之町バーガー』、夫は『フライドオニオンバーガー』と道後ビール。
また是非行きたい。是非!!

Rimg0186Rimg0190

ホテルに戻ってかき氷を。松山の夏の1日はあっという間に終わり。

| | コメント (0)

夏の旅 2015 ①

またまた遅ればせながらのUP。でも記録しなければね。

今回の旅行はまた奈良から。興福寺は只今改修中。
あちこちやって、終わるのは2023年頃かな? その頃また来られるといいけど。

Rimg0065_2Rimg00551

鹿ちゃん、こんにちは。また来たよ。

Rimg0067

夕飯は去年と同じ、奈良 月日亭。お手頃な価格帯でそこそこうまい。

奈良の楽しみのひとつに、夜の商店街の散歩がある。東向(ひがしむき)、餅飯殿(もちいどの)…
奈良の商店街は閉店時間が早いけど、開いているスーパーなどを巡るのがこの数年のルーティンとなった。
そこで「買い食い」したり、ウィンドウショッピングしたり。

Rimg0057

宿泊は、去年同様、ホテルフジタ奈良。
場所は三条通で猿沢池、興福寺や商店街にも近い。

Rimg0071

部屋はツインを予約したので、普通の部屋を想像していたら、ひとつランクが上のデラックスツインだったようで、リビングとベッドルームが別。
ただ、部屋のレイアウトとしては、ベッドルームからいきなり水回りのバスルームがあるので、多少の違和感があった。
それでもお部屋を良くして頂いて感謝。

| | コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年11月 »