« 2017冬旅③ おわり | トップページ

2017年2月26日 (日)

京みやげ

京都で必ず見て歩くのは、錦小路。
以前玉造温泉で出会った年配の女性が京都の方で、今の錦は観光客向けになってしまったと嘆いておられた。分かります…しょっちゅうではないものの30年くらい通っているので、その変わりようは分かります。

かつては京都人のためだけだったお店が、観光客向け仕様にしてたりするし。
でもうまいもんはうまい。

あとは三条通が好きでよくうろつきます。

だけど、定番のものはあまり買わないし、食べないのでそういうものを期待してはいけません。そういうのは食べログさんを見るとか、ガイド誌をご覧ください。


昨年二度買ったのは、京丹波の焼ポン(焼き栗)。完全に観光客向けではあるけど、質の良い栗でお土産にもいい。でも温かいうちに食べるのが一番。


昨秋立ち寄った京都デザインハウス。洗練されたものをお求めなら是非覗いてください。
ついつい財布のひもが緩んだ。


京都のパン。
最近知られるようになってきたけど、京都人は朝食は洋食がほとんどといってもいい。
故に、パン屋の数が多い。実際京都で人に訊いてみるのもあり。でもきっとそれぞれのご贔屓のお店があると思うので、かえって迷うかもしれない。
よく夢に出てくるほど対面販売の古いパン屋さんが好きなので、できたらまるき製パン所みたいなのが好き。近所に住んでたらほぼ毎日行くでしょうね。


どこでもいいから骨董店があったら、豆皿を。きっと掘り出しもんがあるはず。
私はなかなか行けていないので、自分にも言い聞かせているけど、別に有名な骨董屋なんか行く必要はないと思います。普段使い用に是非買いたい。


好き嫌いがあって、夫は食べないのだけど、ニシダやのおらがむら漬け。
普通のシバ漬けに茗荷や生姜も大きめで入っている。これが好き。
以前は今熊野の店まで行っていたが、三条の明治屋にもあるので、ここ20年ほどはそこで仕入れる。以前の本店は人だかりができるほどだった。今どうなのかな?


以前友人のお土産でもらって以来ハマってるのが、船はしやの福だるま。
こちらは豆菓子とあられが主力商品なんだけど、これは可愛い上に美味しい。そして安い(笑)
三条に行ったら必ず買います。


こちらも三条の明治屋並びにある公長齋小菅。木べらやバターナイフ、ジャム用、アイスクリームスプーン、お抹茶用の竹の茶碗まで、各種買いました。カゴなどは素晴らしいけど、手仕事だからなかなか高価で手が出ないけど、木べらやスプーンは友人や家族にお土産であげられる価格なので、是非見に行ってください。
竹の茶碗はなかなか太い良い竹がないと作れないらしく、買った時は衝動買い。
でも、お抹茶をいただく度に竹の香りがしてとても気に入っている。

また、思い出したら書きます。

|

« 2017冬旅③ おわり | トップページ

旅★おみやげばなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2017冬旅③ おわり | トップページ